-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-26 20:20 | カテゴリ:ジーンズ
仕事に追われて久々の更新です。
他に更新するものも多々ありますが、とりあえず直近の大人買いを・・・w
ダルチの35周年三本耳ジーンズです。

~ロゴ入りダンボール&桐箱など~
IMG_6304_convert_20141026172712.jpg
ダルチの公式サイトの通販を利用しました。
そのため送られてきたダンボールもダルチのロゴ入り。ある意味レアかもw
公式からなのでキーホルダーやボールペン、ステッカーも付属してました。


~ロゴ入り桐箱~
IMG_6302_convert_20141026172654.jpg
35周年ジーンズのオオトリを飾るにふさわしい三本耳仕様は包装も豪華。
ロゴ入り桐箱が付いてきます。

~中身~
IMG_6300_convert_20141026172635.jpg
ネット通販のキャンペーンで付属するボールペン、キーホルダー、それからこの35周年に付属するステッカーが
今季(35周年)の秋冬カタログとともに。

~開封~
IMG_6286_convert_20141026172331.jpg
開封と言っても真空パック的なやつじゃないのでw
桐箱が正方形に近い縦長なので、四つ折り(二つ折り×2)で窮屈そうに入ってました。

~前~
IMG_6309_convert_20141026172748.jpg
ぱっと見でわかるのはコインポケットのむき出しの耳、股リベット。
遠巻きには普通のと殆ど変わってるようには見えない。



~後ろ~
IMG_6310_convert_20141026172803.jpg
オフセットループ&旧ステッチ(超初期タイプステッチ)表リベット、むき出しの耳。
こちらも耳以外遠巻きにはそれほど豪華なものだとはわからない。


~前拡大&前身頃内側①~
IMG_6316_convert_20141026172921.jpg
~前拡大&前身頃内側②~
IMG_6291_convert_20140927210053.jpg
ぱっと見だとコインポケのむき出しの耳だけのようだが前身頃開けるとこの通り。
腰帯の内側、前たて部分(ボタン側、ボタンホール側、共に)、本体にも目眩がするほどの耳!耳!!耳!!!
本体生地に縦に走る線・・・この内側も耳仕様になってます。



~フロントボタン部分アップ~
IMG_6317_convert_20141026172938.jpg
使用するボタンは通常のボタンと同様。
前はVステッチにはなっておらず、縦にダブルステッチが走る。


~コインポケ内側~
IMG_6293_convert_20141026172512.jpg
なんと!コインポケ底部にも横に耳が走る!どれだけ耳を使ってるんだ!



~ポケットのスレーキ~
IMG_6294_convert_20141026172531.jpg
ジャガード製で透かすとダルチのロゴと35の文字が!
細部まで豪華な仕様!

~後ろアップ~
IMG_6312_convert_20141026172841.jpg
後ろから見ても縦に走る線が・・・。この内側にも耳が!


~ヘアオンハイドパッチ~
IMG_6313_convert_20141026172858.jpg
35周年記念スペシャルエディションの文字が。個人的にはちょっとシンプルすぎる気が・・・。

~バックポケット内側~
IMG_6288_convert_20141026172346.jpg
ポケット口が耳になったポケットをめくると・・・内側はDO-1同様、ポケット底部分にあて布がされています。

~特徴的なベルトループ~
IMG_6289_convert_20141026172408.jpg
カンヌキのみでもバンザイ縫いでも無く・・・なんて言うんでしょうか、腰帯下部の仮縫いと一緒に縫われて
そのあとにカンヌキがされた面白い縫製です。ベルトを付けるのに支障がないかは疑問・・・w

~現行同様のタグ~
IMG_6292_convert_20141026172453.jpg
職人魂を感じるダルチのタグです。
古いモノへの敬意が伝わってきます。
これは30/100 のロットです。
結構デカいサイズなので大きい番号ですがおそらく初期ロットのはず。


~股から太もも部分(右足内側)~
IMG_6295_convert_20141026172553.jpg
三本耳を謳ってますが、足の付け根部分は・・・なんと四本耳!
裾にかけて細くなるため途中でこの耳部分は消えて三本耳になってしまいます・・・。
これだけごちゃごちゃ耳が走ってる内側を見ると「縫製の困難さ」は想像以上で、嘘ではないなと感じます。


~裾部分(内側)~
IMG_6299_convert_20140927210130.jpg

この通り、裾は三本耳!耳好きには堪らない仕様!!
ネットで見ると30インチ前後だと内側の耳部分がちょうど内側の縫製とかぶるくらいだったけど
大きめなサイズなのでちゃんと独立した耳として存在。
せっかく三本耳でも内側の切りっぱなし部分とかぶったらちょっと悲しい・・・。


このジーンズは10センチ幅と20センチ幅の生地を特別に作ってもらい実現したという
他のメーカーでは縫製的な困難さも含め、まず作られることはない、非常に希少性の高いジーンズです。
(※参考:ダルチブログ 10cm幅と20cm幅のデニム生地!!http://dartisanblog.blogspot.jp/2014/06/1020.html)

作りもさることながら染めも蓼正藍で手間ひまかけて染め上げた超プレミアム仕様。


まだ今なら間に合います!!(30インチ、32インチのみ)
~ダルチ公式通販より~
http://www.dartisan.co.jp/web_shop.php?cate_cd=4&navi=4

こんな高いの買えるか!!って方向けに・・・



なんと!35周年第三弾までのシリーズ三本の生地をクレイジーパターンで組み上げた
セールスマンジーンズの豪華版とも言うべきシリーズ完結版!
第一弾「35周年DO-1」生地、第二弾「35周年児島デニム」生地、・・・そして、第三弾「三本耳蓼正藍ジーンズ」生地!
全てを楽しみたい欲張りには最適!!パッチはなんと!コードバン!!
ヘアオンハイドよりこっちのほうがいいじゃねえかよ・・・( `д´) ケッ!
スポンサーサイト
2013-12-01 16:22 | カテゴリ:ジーンズ
久々に新しいジーンズです。
今回は前から気になってた鬼SECRETのニューバージョン、
ネップが強い20oz生地のスリムストレートにしました。

~開封時~
IMG_6074_convert_20131201153444.jpg
ぱっと見すぐにスリムだと分かる腰回り。


~レザーパッチ~
IMG_6075_convert_20131201153502.jpg
縫製はウエスト外周と同時に縫い付ける一筆縫い。
革はシープスキン…とのこと。


~フラッシャー~
IMG_6076_convert_20131201153523.jpg
今回は紙製。
デニム製で外さないでも穿けるって仕様も嫌いじゃなかったんだけど…。
(もちろん外して大事に保管しますが)


~前~
IMG_6078_convert_20131201153546.jpg
一応36インチあるんだけど、あまりそれを感じさせないシルエット。
スリム系は穿かないんだけどこれは(サイズ的な意味でなく)穿けそう。


~後ろ~
IMG_6079_convert_20131201153608.jpg
鬼デニムのこのステッチ、結構好き。
画像でほとんど伝わんないけど、ネップ感がすごい。
例えて言うならポケットにティッシュ入れたまま洗った後、
あちこちにティッシュがついてマダラになった感じ…に近いかも。


~ベルトループ~
IMG_6083_convert_20131201153718.jpg
ベルトループはXXモデルでウエスト上部の縫製時に
同時に仮止め縫製してからカンヌキする「所謂バンザイ縫い」ではなく後付けベルトループ。
(仮止めがないカンヌキ留めのみ)


~隠しリベット~
IMG_6084_convert_20131201153747.jpg
スリムモデルだけど隠しリベット付き。
20ozながらムラ感が凄い&ネップ感も凄い生地。
裏側のダマ感が表でもかなり強いです。
XXモデルっぽいだけにベルトループの後付けはちょっと残念。
コスパを考えたらこれだけでも凄いんだけど…。


~耳~
IMG_6085_convert_20131201153808.jpg
かなり太いピンクのラインが入ってます。
さりげないラインではなくかなりクドめで、
昔のシュガーケーンの耳でもこんなのあったなぁって思いました。
生地が右綾だけど耳部分は左綾になってます。


~鬼ハンドメイド(青鬼と同生地)との比較~
IMG_6086_convert_20131201153831.jpg
鬼ハンドメイド(オール本縫い)との比較です。
鬼ハンドメイドもこのシークレット同様に36インチ。
裾幅がかなり違い、裏側の白糸の色合いも全然違います。


~裏側の比較アップ~
IMG_6087_convert_20131201153855.jpg
穿き込んだもの(鬼ハンドメイド)との比較とはいえ、裏の色がかなり違います。
これはシークレットが裏糸を茶色に染めているため。
生地感、ネップ感、色合い、ともにかなりいい感じの生地です。
これで¥20000はかなりのコスパだと感じます。


ちょうど12月になったのもありフルカウントが結構ダメージ出てきた替わりに穿き込もうと思います。
フルカウントの更新はまだ2回くらい予定してます。





























楽天で探す





楽天市場




2013-08-14 22:09 | カテゴリ:ジーンズ
そろそろ更新しようと思い、前回記事見たらまだひと月しか経過してなくて
そこからひと月、ある意味根性穿きみたいな気持ちで汗でべたつくコイツを穿いてました。
お盆休みを前に思い切って溜まった汗を洗い流し乾燥機にかけました。

ちなみに今回のメニューはこちら↓
・中性洗剤&洗濯機(スピーディコース)
・乾燥機40分(3本まとめがけ)

~前~
IMG_5905_convert_20130814213309.jpg
前回との違いは全体的に白味が増してメリハリが出た、
ミミのアタリがくっきりし始めたってことかも。
ミミのアタリに関しては裾の方にかけてのミミ部分の境界が白く浮き立ってきた感じがする。

~後ろ~
IMG_5906_convert_20130814213325.jpg
バックポケットはほぼ常にメディスンバッグを使用してるためウォレットのアタリは皆無。
ウォレットのアタリの好みは様々だけど
自分はあのアタリが好きではないので
バックビューは膝裏のハチノス、程よい尻やモモのアタリが出たこの画像くらいがいい。
ハチノスは体を使う作業してたため前回更新の頃のハチノスが良い感じに定着してるかな。


~ハチノス(右)~
IMG_5910_convert_20130814213120.jpg
~ハチノス(左)~
IMG_5909_convert_20130814213101.jpg
ハチノスを付けるために膝裏に糸切れなどのダメージが出てしまう事が多いけど
ここまで洗ってるとハチノスは弱いけど糸切れはしてない。
大事に穿きたいなら洗うのが重要だと思える。
あの糸切れは生地全体に伝線してあっという間に穿けなくなってしまうから。


~パッチ~
IMG_5908_convert_20130814213042.jpg
変化は…正直わからん(´・_・`)
まぁパッチの表面(吟面)が削れ始めないとそこまでの変化は感じないか…。


~前のアップ~
IMG_5911_convert_20130814213141.jpg
太ももの白味が増して、ヒゲの白さと生地の青さのコントラストがハッキリしてきた。
よく見ないとわかんないけど白味のグラデーションの範囲が広がってきてる。


~ポケット部分のアップ~
IMG_5907_convert_20130814213023.jpg
ポケットのステッチの崩壊がかなり進んできた。
色のグラデーションが白味を増して青とのコントラストが強くなってるけど画像だとわかりづらい。
ウエストバンドなど二重ステッチ部分がところどころ糸切れし始めてる。
色落ちが満足行く頃にはこの辺りの補修が必要になるかも…。


~耳のアタリ~
IMG_5912_convert_20130814213342.jpg
多分前回との画像比較で一番違ってるのがこの画像だと思う。
膝が明らかに白味を増して、ミミの境界の縦の色落ちが白く浮いてる部分が範囲を広げてる。
ミミのウネッたアタリが期待できないかもって思った時期もあったけど、
乾燥機の有無、洗いのスパンを変えることでその後の色落ちも変わってくるな、と思った。
次も二ヶ月はあけようと思う。
2013-06-29 17:14 | カテゴリ:ジーンズ
前回から二ヶ月経過かと思いきやまだひと月しか経ってなかった…。
流石に暑い時期入ってきたのでこのひと月で手洗い&天日干し、
中性洗剤投入で洗濯機&乾燥機40分コースやってしまった。
まぁ、…ともあれ画像から。

~前~
IMG_5851_convert_20130629163005.jpg
撮影環境が多少違うので色目は前回の方が近いかも。
ただ、全体的に気持ち程度色が薄くなった感じ…。


~後ろ~
IMG_5852_convert_20130629163022.jpg
今までの穿き方だとこの着用期間でバッキバキのハチノスが出てるけど
このフルカウントは至って自然なハチノスの出方。
これくらいのヒゲ、ハチノスが今の好み。


~ハチノス(右)~
IMG_5856_convert_20130629163137.jpg
~ハチノス(左)~
IMG_5855_convert_20130629163121.jpg
洗わないと出るハッキリしたハチノスでなく、
グラデーションでぼんやりと、
ただ、穿きじわの癖はしっかり付いてるのが最近いいなと思えるのは
歳を取ったせいだろうか…。


~パッチ~
IMG_5854_convert_20130629163100.jpg
すでに数回乾燥機掛けてるので、色もだんだん濃くなってきた。
お湯かけたりアイロンで縮ませてビーフジャーキー状にする人もいるけどアレはダメ。
あくまで自然が一番。


~前のアップ~
IMG_5857_convert_20130629163159.jpg
膝を中心にグラデーションで白くなっていってる。
よく見ないと分かんないけどグラデーションの大きさが大きくなってるって表現がいいのかな。


~ポケット部分のアップ~
IMG_5853_convert_20130629163043.jpg
アーキュエイトが全体的に糸切れしてきた。
フルカウントのようなステッチ入りジーンズってあんまし持ってないけど
こういう糸切れの楽しみもいいなぁと最近思う。


~耳のアタリ~
IMG_5858_convert_20130629163215.jpg
ここもどこが変わったの?…レベルだけど、
ミミのアウトラインが裾の方までアタって来てる。
ただ、ウネウネのアタリが…。
天日干しより乾燥機で激しく縮ませる、
穿き込む…の繰り返しがボコボコにアタリを出すのにはいいのか…。
これからは天日干しでなく乾燥機を使用してしっかり縮みを出そう。
2013-06-01 21:59 | カテゴリ:ジーンズ
基本ヴィンテージと言ったら66以前のもの
ビッグEより古いものの事だと思ってるので赤耳なんか興味なかったんだけど
赤耳を衝動買いしてしまいました。
取り敢えず画像から。


~前~
IMG_5811_convert_20130601211806.jpg
値段が赤耳のくせに1万と高かったんだけど、
w35 L36(カットオフなし)目立つダメージ無し、耳のアタリが最高。
色はかなり薄いんだけど濃紺ばっかし穿いてたら
暑い時期にこれくらい薄いの穿きたいって衝動的に思ってしまったからしょうがない…。 


~後ろ~
IMG_5812_convert_20130601211835.jpg
清々しいまでにツンツルテンでハチノスが皆無w
レプリカでヒゲの定着とかよく言うけど、
これくらいツンツルテンでないとミミはここまでボコらないんですよね。


~紙パッチ~
IMG_5814_convert_20130601211852.jpg
後付けの紙パッチ。
CARE~スタンプ(衣料の内側の注意書きを…のスタンプ)入り。
66モデルから存在するのでここじゃ赤耳かどうかはわからない。


~内タグ洗濯表記(注意書き)~
IMG_5822_convert_20130601212120.jpg
はい、10%表記。
見事に赤耳です。
66後期まではここの表記が8%なのでここが見分けるポイント、常識ですね。


~丸まらない赤タブ~
IMG_5815_convert_20130601211911.jpg
味もへったくれもないですね~w
まぁメーカーからしたら丸まったらネームの意味が無いんですけどね。
見せるまでもないけど当然ポケ裏はチェーン。
裏カンヌキの黒糸がテッカテカの黒スパン糸…。
まるで隠す気がない┐(´д`;)┌ヤレヤレ


~各所スパン糸~
IMG_5819_convert_20130601212036.jpg
これだけ色落ちしてるのに全く色落ちしてない縫製糸。
それどころか光に当てるとテッカテカのスパン糸…。
強度はあるけど味もへったくれもないですw
せめてそこはコアヤーンだろ…と。
自分がジーンズ作るならフロントポケット口(上だけ)とバックポケット口(下だけ)を綿糸で
それ以外全てコアヤーンで作るだろうな。
狙った場所以外の糸切れは正直ウザい以外の何物でもない。
「味の押し売り」って感じすらする。
古いヴィンテージを買いたくない理由もそこにあると言っておこう…。(※高くて手が出ない言い訳)


~耳~
IMG_5821_convert_20130601212100.jpg
唯一綺麗に出たボッコボコのミミのアタリ。
サイズやレングス、ダメージほぼ無し…とは言えここ以外見るとこは全くないw


※他ディテール(画像なし)
リベット裏アルミ、フロント二重ステッチ、かぶせリベット…など

まぁ面倒くさい画像貼るまでもないので撮影はしたけど省略。


2013-05-26 00:58 | カテゴリ:ジーンズ
先月までひと月に一度のペースで洗ってたけど
メリハリを出すためひと月洗うのを我慢しました。
そのおかげもあって、結構色落ちが進みました。

今月のメニュー
・中性洗剤(スピーディコース)で普通に洗濯
・久しぶりの(二回目)乾燥機40分

~前~
IMG_5800_convert_20130525232909.jpg
前回(第六回)と画像比較してみると
太ももの色落ちがかなり進んで白くなってる&裾までミミのアタリが出てきてます。
あと腰回りのヒゲがかなり定着してるかな…。


~後ろ~
IMG_5803_convert_20130525233012.jpg
荒い感じのハチノスで前回より色落ちでハチノスが残ってます。
やはりひと月洗わないと違いが顕著だな…。
ただ、洗わなすぎるとミミのアタリもボコボコにならないから難しい所…。


~ハチノス(右)~
IMG_5806_convert_20130525233111.jpg
洗いたての撮影なのであまりハッキリ映らないけど、ちゃんとハチノスが出てます。
メリハリの激しいハチノスも好きだけど、自然なハチノスが一番デニムにも優しい。
狙った激しいハチノスは糸切れしやすい。


~ハチノス(左)~
IMG_5805_convert_20130525233052.jpg
やっぱりひと月スパンよりふた月くらい開けたほうがハチノスとして残りやすい。
次もふた月ペースで行こうかな…。
暑い時期は汗で糸切れしやすいけど…。


~パッチ~
IMG_5807_convert_20130525233130.jpg
乾燥機にかけたけど大きさに特に変わりはないかな。
ただ、ベルトの擦れによる黒ずみが出てきた…かも。


~前のアップ~
IMG_5801_convert_20130525232931.jpg
画像で比較してもあまり変わってなさそうだけど
太ももの白さはかなり違うし、ミミのアタリもかなりデコボコになってきたように見えます。
画像はベルトとキーリングが付いてるけど、キーリングはレザークラフトで自作です。
鍵を引っ掛けるわけではなく、ウォレットロープを引っ掛けるわけでもなく、
専ら余ったベルトを通すベルトループ代わりに使用してます。


~ポケット部分のアップ~
IMG_5804_convert_20130525233033.jpg
なんちゃってアーキュエイトの糸切れが目立ってきたけど左隠しリベット部がようやく糸切れ。
人によってはアーキュエイトにしちゃう人もいるけど、
自分はこのなんちゃってアーキュエイトが糸切れしていくさまが好きなのでそのまま穿きます。


~オマケ(キーリングのアップ)~
IMG_5802_convert_20130525232951.jpg
実は昔ほぼ同じ物を作ってたけど、革の厚みがありすぎて腰(装着部)に違和感が出たので
新たに革を薄くして作り直しました。
上にも書いたけどベルトループとして重宝してます。
ベルト、中途半端に長いので…。


~耳のアタリ~
IMG_5808_convert_20130525233150.jpg
前回の画像と並べて比較すると、膝の白さもさることながら裾のボコボコのあたりが全く違います。
耳の端ラインが浮いてきてボコボコなヴィンテージのようなミミのアタリに期待感が。
乾燥機に穿いてない2本と一緒に3本同時にかけたので擦れてこうなったのかも。
短期間での洗いはミミがこうやって浮き出やすい。
色落ちではミミのボコボコを最優先にしたいので、この調子で穿いて行きたいです。
2013-04-21 13:55 | カテゴリ:ジーンズ
まぁ、何というか最近ネタもあまりないので
ちょっと最近のレプリカについて考察してみようかと思います。


自分は昔からレプリカを色落ちで選ぶと言うより
ディテールで選んでいたので、
その中でここが向上したなぁって箇所をかいつまんで書きます。


~ウエスト周りの縫製~
IMG_5769_convert_20130421131321.jpg

上が古いタイプの縫製で下が今どき当たり前になった縫製。
チェーンステッチの末端処理が全然違うのがすぐわかります。
上なんかV字ステッチがチェーンステッチの末端のほつれ防止として全く機能してない
ただのお飾りだってわかると思います。
ちなみに下はボタンホール側も地味にチェーンの末端処理がされています。


~股下の内側の縫製~
IMG_5770_convert_20130421131346.jpg
上が古いタイプで、下が新しいタイプ。
分かりづらいけどデニムが切りっぱなしになってるか、きちんと巻き込まれてるか…の違い。
まぁ大戦モデルで切りっぱなしになってるものもあるけど、
古いレプリカほどモデルに関わらずここが切りっぱなしになってるものが多い。


~ベルトループの縫製~
IMG_5771_convert_20130421131402.jpg
上が古いタイプで下が新しいタイプ。
まぁ今どきこのディテールを知らない人はかなりの少数派だと思うけど
この部分は今大部分のメーカーできちんと取り入れられた縫製だと思います。
知らない人のために、上は後付ベルトループ(ループ上下のカンヌキのみ後で付ける)、
下はバンザイ縫いというウエスト上部の縫製段階でベルトループ上部を仮止めしてから
カンヌキ留めする縫製法。


~パッチの一筆縫い~
IMG_5772_convert_20130421131425.jpg
これは昔からやってるとことやってないとこがあるけど、
念のため新旧ディテールとして書いておきました。
理由としては上のバンザイ縫いでベルトループを仮止めしてパッチを一筆縫いする…というのが
本来の縫製工程だけど、パッチは一筆縫いなのにベルトループは後付け…なんてブランドが結構あったため。


~フロントポケットの縫製~
IMG_5773_convert_20130421131451.jpg
上が古いタイプの縫製で下が新しいタイプの縫製。
上記の4点は知名度が高いけど、これは結構盲点なディテールじゃないかと。
表から見たら綺麗な縫製だけど裏から見たらこの通り。
これは見た目上のキレイな縫製を重視するがために
本来きっちり縫われているべきポケット内袋から針が落ちてる、というもの。
実はこのディテール、未だに「目立たないとこ」だとやってないメーカーが多いディテール。
ウエアハウスやEVISUなんかはきっちりやってるけど。


まだ他にもパーツが既成品からオリジナル、縫製のピッチ、内袋の形状、縫製法など
新旧の比較対象はあるけど、大雑把にはこれだけ押さえておけばいいものを選ぶ事は出来ると思います。
2013-04-07 00:02 | カテゴリ:ジーンズ
最近毎月更新が当たり前に感じて来ました。
今回も手洗いでお湯で洗って天日干し。

~前~
IMG_5712_convert_20130406233639.jpg
膝下まで放射線状のヒゲが出て来ました。
雨にぬれてもそのまま穿いて乾かしたりしてるのでヒゲは激しくなります。

~後ろ~
IMG_5714_convert_20130406233657.jpg
ハチノスも激しくなりそうな感じ。
実は撮影の前まで穿いて雨で濡れてました。
濡れてる状態で穿き続けると形状記憶のようにヒゲが付きます。

~ハチノス(右)~
IMG_5720_convert_20130406233859.jpg
月一洗濯なのに意外とハチノスがついてます。
嫌味なハチノスでなく自然な感じで好みかも。

~ハチノス(左)~
IMG_5719_convert_20130406233844.jpg
洗濯→乾燥後に濡れて付いたハチノス。
前回の画像と比較してもハチノスの位置がずれてない。
まさしく形状記憶w

~パッチ~
IMG_5716_convert_20130406233746.jpg
パッチ上部分など角が丸まってきたような気もする…。
まぁ、気のせいだろうけど。

~前のアップ~
IMG_5717_convert_20130406233809.jpg
撮影環境はほぼ同じなので色落ちがよく分かる。
結構明るくなってきたかな…?
それにしてもコイツの染めは濃くてしぶとい…。

~ポケット部分アップ~
IMG_5715_convert_20130406233718.jpg
前回より全体的な画像にしましたが、反対のポケットのステッチも切れ始めました。
隠しリベット部の「ここにあるよ」感ある色落ちしてないのが残念…。

~耳のアタリ~
IMG_5718_convert_20130406233827.jpg
膝から上の耳のアタリは目立ってきたけど、膝下が相変わらずしぶとい…。
横にしてみるとボコってるのでいいアタリにはなりそうだけどなぁ。




以上、フルカウント0105XX六回目でした。
2013-03-06 20:42 | カテゴリ:ジーンズ
先月に引き続き今月も洗濯!
こんな短期間に洗うのは初めてかもって思うくらい短いスパンで洗ってます。
今回は手洗いでなく普通に洗濯機に投入してミヨシ石鹸(粉)で普通コースで洗いました。

~前~
IMG_5510_convert_20130306200201.jpg
膝の白さが目立って来ました。
耳のアタリも膝横部分を中心に上下にボコボコ浮いてきてます。
この耳のボコボコしたアタリは、オーバーサイズでかつ短期間で洗濯しないと出ないです。
腰回りのヒゲは洗濯前はしっかり付いてたけど洗いざらしだと弱いなぁ。
オーバーサイズの宿命か…。

~後ろ~
IMG_5511_convert_20130306200222.jpg
こっちは先月と見比べてもあまり変わりはないかな…。
洗いざらしでバリバリのハチノスは消えてしまった。

~ハチノス(右)~
IMG_5517_convert_20130306200419.jpg
先月と比べてもあまり変わり映えなし。
流石に洗いのスパンをこのまま続けたらハチノスが全くできなそうな気がするので
二ヶ月に一回くらいにしようかな。

~ハチノス(左)~
IMG_5518_convert_20130306200436.jpg
こっちは何故だかハチノスができつつある。
何だろう…座り方の癖でこうなってるのかな。
右足もこれくらいでもいいのでハチノスが育ってくれることを祈りたい。

~パッチ~
IMG_5513_convert_20130306200241.jpg
先月と比べると若干伸びた…?んなアホなw
多分撮った角度とか明かりの具合が原因かと思われます。

~前のアップ~
IMG_5515_convert_20130306200330.jpg
全体的に青っぽくなったような…。
これも撮影環境の違いが原因かも。
多分実際の色は先月と殆ど変わってないと思われます。

~ポケット部分アップ~
IMG_5514_convert_20130306200307.jpg
丸まった赤タブが何故か開いてる…w
色は殆ど変化なしですね。
アーキュエイトっぽいステッチの糸切れが先月より進みました。
個人的にステッチ入りのレプはあまり穿いて来なかったけど、
この糸切れ具合もアジがあっていいな。

~耳のアタリ~
IMG_5516_convert_20130306200353.jpg
最後のお決まりショット。
先月より膝を中心に白い部分の範囲が広くなって来ました。
今まで目立たなかった裾方向のボコボコのアタリが浮き出て来ました。
コレが上手いこと成長してくれたらいいけど…。

ポケット内袋に”BEARS”スタンプを押してもらえば無料デニムリペア永久保証付き
ベアーズ
2013-02-08 19:55 | カテゴリ:ジーンズ
四ヶ月経過しました。
今回は一ヶ月スパンだけど洗っちゃいました。
40度前後のお湯で粉石けんで手洗いです。
もう、どこまで色落ちしちゃうのってくらいコレでもかというくらい青汁出まくりw
染めは濃いけど一気に色落ち進んじゃうか~?って思ったくらいに…。

~前~
IMG_5450_convert_20130208191853.jpg
完全に乾いてから穿いたのでヒゲがノッペリして見えます…。
ヒザが色落ちしてきたのと、下がりヒゲが色落ちしてきたのがわかります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。