-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-06 18:40 | カテゴリ:バッグ、財布、小物
昨日アップ作業をしつつ今日までに修正が完了したのでアップします。


~修正部(コインケース側)~

IMG_6049_convert_20131006180720.jpg
これが修正後の画像。
縫製を修正して見た目をよくしました。
ちなみに↓が前回画像。

IMG_5976_convert_20131005173658.jpg
画像左下の縫製が曲がって見た目が…Σ(´∀`;)


~修正部(カード収納側)~

カード収納は見た目も綺麗に縫製できたので問題なかったけど
コインケース側の革を直す際に違う色の革になった事で
財布を開いた時の色のバランスが悪くなってしまったので
こちらも修正したコインケースの革と同色のコードバンで作り直し。

IMG_6047_convert_20131006180635.jpg
左右の革の色を同色にして見た目が少し良くなった…気がする。
ちなみにコインケース側のフタ&ストラップの受け口が黒、
つまみ部分がこげ茶(濃)、本体が赤茶…の3トーン。


~インナー中央部アップ~
IMG_6048_convert_20131006180658.jpg
コードバン…というか裏革を使用するものの制作の大変さがわかったのが
こういう裏革部分の剥がれ防止のための縫製。
裏革がなければ必要ない部分の縫製がやたら多いのがこのウォレット。
その分高級感があっていいんだけど。


~横から見たウォレット~
IMG_6051_convert_20131006180757.jpg
コードバンが芯通しでない表のみの染色のため断面は肌色。
本当にこだわるなら、断面を革と同色に染色してトコノール、イリスなどするんだろうけど
これはこれでアジがあっていいのでそのまま使用しようと思う。


~ウォレット表面~
IMG_6046_convert_20131006180607.jpg
表面は黒。
この艶でも端切れ(A品より表面は粗い)です。
しかもオイルグレージングでないので艶は全然無い方なんだけど…w


IMG_6050_convert_20131006180740.jpg
コードバンはサドルレザーのように色の経年変化を楽しむというわけでなく
この艶や使い込んだ際の折りジワなどのアジを楽しむ素材なので
端切れでここまでのクオリティが出来れば十分満足なレベル。


これよりさらにきめが細やかで
ぱっと見、新品のビニールのように艶がある
A品コードバンを使用したらどうなるのかを想像したら楽しみ♪
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://amecstyle.blog121.fc2.com/tb.php/157-4397d47c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。